転職活動を始めたきっかけ


*2014年3月(転職後4ヶ月目に入ってすぐ)に書いたものの、忙しかったり壁ぶつかったりで公開していなかった書き込みです。
 当時書いたままで公開します。

前回は八起.info管理人が勤め人に戻ったことをお知らせしました(ずいぶん前でしたね)。

今回は勤め人に戻った理由を紹介します。

大きな理由は次の2つです。
1つ目。
自分一人でビジネスを展開する限界を知ったということです。
独立して8年、事業企画立案のお手伝いなどのコンサルティング業務やWEBサイトの開発・運営などを行ってきました。
独立時にやりたいこと(=自分の名前で仕事をとりたい、メディアに登場したい)はひと通り達成した一方で、さらなるステップに踏み出せない自分がいたのです。
アイデアはあるものの、それを具現化する人・お金が足りなかったというのが最大の要因です。
人については絶えず探していたものの、雇用ではなくあくまでもパートナーとしてレベニューシェア形式での組み方しか考えていなかったことから、この条件にマッチする人とはとうとう巡りあえずにいました。
社交的でない自分の性格がもろに反映されたといったところでしょう。

2つ目。
登録していたリクナビを通じてとある転職エージェントから案件を紹介されたことです。
ちなみにぼくはいくつかの転職情報サイトには常に登録している上、都合が付けばコンサルタントと情報交換もします。
転職エージェントから案件を紹介受けたことで、1つ目のような壁にぶつかっていることもあるし、ここは一度勤め人に戻ってノウハウを学びながら体制を整えるのがいいのでは?という気持ちになりました。

ざっとこんなところが勤め人に戻った理由です。
特にドラマチックでもなんでもないですが、結構あっさりと路線変更した感じで、肩透かしを喰らった感じではないでしょうか。

もちろん、8年強も一人でビジネスをやってきて、それなりに得たものやビジネスを中断することで失うものがあるという後ろ髪を引かれるような思いは無かったといえば、それは嘘です。
でも、次の1歩を踏み出すためには、何かを捨て去らないと進めないわけでもあります。

この選択が良かったかどうかははっきり言ってわかりませんが、今は選んだ道を進み、違うと思えば道を変えれば良いと考えています。