そろそろ会社を辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける「現実」をシェアしようじゃないか

『そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか』を読み、起業の「現実」について考えてみました。既に起業しているものの事業が順調に回っていない人にも、改善のヒントが見つかるかもしれない1冊です。

起業家・フリーランサーは2013年度を学び・自己投資の年にしましょう!

景気の回復が囁かれている今だからこそ、いつ来るかわからない不景気に備えて起業家・フリーランサーは学び・自己投資を積極的に行いましょう。学び・自己投資の対象の選択基準を3つ用意したので、参考にしてみて下さい。学び・自己投資を通じて、新たな自分を発見できるはずです。

起業家憧れのRichard Bransonが守る10のビジネススタイル

Virgin GroupのRichard Bransonが大切にする、10のビジネススタイルを紹介します。いくつ真似出来ますか?ビジネススタイルを確立しストレスから開放された時、ビジネスを心から楽しめるようになったと言えるのではないでしょうか。

WBCアメリカ代表ジョー・トーリ監督の教えから人生の迷いを振り払う

WBCアメリカ代表チームのジョー・トーリ監督の著書『覇者の条件』から、彼がチームを勝利に導くための12ルールを紹介します。起業経験者、これから転職活動をはじめようとする人をポジティブな気持ちにさせてくれます。

有意義な週末を過ごして成功者の仲間入り

成功者が週末に行う14のコト

Forbes.comで「成功者が週末に行う14のコト」という記事が紹介されていました。週末の有効活用が、日常業務に良い効果を与えているそうで、成功者と呼ばれている人たちがどのような過ごし方をしているかを紹介します。

アマでエリートでなかった新井貴浩選手がプロ野球選手になれたワケ

阪神タイガースに所属する新井貴浩選手は、プロ野球選手になるまでは決してエリート街道を歩んできた選手ではありませんでした。彼がプロ野球界に入り、一流選手としての成績を残しながらも時として怪我などの挫折を克服できた理由を、新井選手の著書『阪神の四番』から紹介します。

起業経験者はくれぐれも目先のお金で転職を判断せぬよう!

転職に失敗してしまう5つの理由の1つで、とりわけ起業経験者が犯しがちなのが「お金に釣られて転職する」というものです。この失敗を避けるためのアドバイスを簡単に述べます。

労働環境の充実した企業はどこ?何が評価?

Fortuneの”100 Best Companies to Work For(労働環境の充実した100社)”という記事から、ランク上位の企業がどこで、何が評価されているかを明らかにします。

日本の起業家はロックスター扱いされる・されたい?

諸外国に比べ、日本では成功した起業家への評価は高くない模様です。また、同様に起業家自身も社会からの評価を得たいとは考えて起業していない模様です。

キャリアの中での起業という選択肢の位置づけ

キャリアの中での起業という選択肢の位置づけが日本では各国に対して著しく低い傾向にあることが、Global Entrepreneurship Monitorの報告から把握することができます。